潜在意識を開花させて、自分らしく、素敵に生きる。

潜在意識を開花させて自分らしく生きる道を模索し続けるブログです。

陰陽五行的に見る 鬼滅の刃の世界 第三話「錆兎と真菰」

鬼殺隊に入隊するためには、『最終選別』に合格しなければなりません。

f:id:shioribloom55:20201022141649j:image

 

鱗滝の指導のもと、毎日血の滲むような訓練がはじまります。

f:id:shioribloom55:20201022141712j:image

 

 

どんなに苦しくても、禰豆子を救うという一心で炭治郎は耐えぬきます。

f:id:shioribloom55:20201022141704j:image

 

鱗滝からお前に教えることはない、あとはお前次第だと言われましたが、最後の課題、巨大な岩を太刀で切れと言われ愕然とします。

f:id:shioribloom55:20201022141748j:image

 

毎日刀を振りかざすも、一向に岩を切ることはできません。

 

そのうち出来ないかもしれない、鬼殺隊に入れないかもしれない。という不安を抱き始めます。

 

 

思い。自分の思いや願いがどんなに強くても、

自信がないと、一瞬で崩れてしまいます。

 

陰陽五行でいうところの、自分に自信をつける=オーラをまとう

 

には、木性の守備本能を働かせなければなりません。

 

目の前のことを、コツコツ、ひたすら続けるしかないのです。

 

人は成果、結果をすぐに求めたがる傾向にありますが、

 

その感情を脇において、目の前の単純な題課に黙々と立ち向かうこと。

 

これが成果結果を得るもっとも早道だといわれています。

 

ごく、シンプルなことですが、ただ、継続することが、凡人には

 

なかなかできないのです。

 

炭治郎は不安をかき消すかのごとく、鱗滝に習ったことをひたすら続けます。

 

ある時錆兎と真菰という、不思議な2人が炭治郎の前に現れます。

 

この2人から多くを学び、さらにに鍛錬していきます。

 

炭治郎の凄いところは、禰豆子を救う。

 

という思いがブレないこと。

 

ひたすら鍛錬しつづけた、ある日突然に、

岩を断ち切ることができました。

f:id:shioribloom55:20201022141912j:image

f:id:shioribloom55:20201022141916j:image

 

私たちも、自分の夢や目標に向かっていくときには

 

炭治郎のように、一心不乱に突き進んでいきたいものです。

 

 

成果結果は努力、継続のたまもの。

 

それは、ある日突然起こる。

 

そんなことが起こるかもしれない!と思ったら、

 

辛いことより、わくわくしてくるのは私だけでしょうか~^^

 

 

 

 

 

https://amzn.to/3fAfrLn