潜在意識を開花させて、自分らしく、素敵に生きる。

潜在意識を開花させて自分らしく生きる道を模索し続けるブログです。

般若心経の意味を理解しよう 般若心経に夢中~の巻 その10

いつも読んでくださってありがとうございます。

毎日言葉でお唱えしている般若心経。

毎日1行~2行づつ意味を読み解いてきましたが

いよいよ後半でのこりわずかとなりました。

 

お唱えするのはすんなりいってもここの部分は毎回漢字ってどうだっけ??

となる部分です。これって人によって当然書きにくいとか、覚えやすいところとか違ってて面白いなあと思います。

f:id:shioribloom55:20190521231529j:image

三世諸仏依 般若波羅蜜多故 さんぜーしょぶつえー はんにゃはらみったこ

(過去・現在・未来の仏は、智慧に依るところゆえに、)⇒仏(空で目に見えないもので悟りを開くことだから)

 

得阿耨多羅三藐三菩提 とくあーのくたーらさんみゃくさんぼだい

(完全なる悟りを得る。)⇒完全なる悟りをひらくと心が安らかになるんだろうね!

 

故知般若波羅蜜多 こーちはんにゃーはらみった

(ゆえに知るべきである。智慧は。)⇒なので、般若波羅蜜多という智慧は

 

是大明呪 是無上呪 是無等等呪  ぜーだいみょうしゅう ぜーむじょうしゅう ぜーむとうどうしゅ

(是=智慧。智慧は偉大な仏のご真言であり、偉大な悟りのご真言であり、この上ないご真言であり、他と比較できないご真言である。)

 

般若心経という智慧はこの世のあらゆるすべての人に平等にもたらされる、この上なくすばらしいものだ。

・・・なんやかんやいって後半よみ解いていきますと、さすがに般若心経のスケールの大きさを感じます。

「空」ってそもそも何?わたしがわたしであることの存在すら無いのだ。

(もう、ひい~~っ)ってなってる人もいるかもw

 

私はもともと人生とはなんぞや?

と物心ついたころには思っていましたので、今回もまた心に染み入る内容でした~!

 

そもそも、今世私の課題と向き合うために、それを体験するためにわたしは「山中詩織」という名のもと、からだをかりて、様々な体験をしながら生きています。 なんかひとつひとつの自分の目の前に起こった事象は本当に小さな小さなひとつ。

なのでそういうことに感情を使うのは勿体ない気がし始めております^^

自分が嫌だなと思う事象がおこっても、すれ違うだけになるかもしれないです。それならまだましかな。 小さなことで、些細なことで一喜一憂したり。つまんないからやめた方がいいですねっ

 

あした元気になあれ♪

 

最後までよんでくださってありがとうございました!

 

 

 

 

 

松江の嫁が島に初上陸

私は神社、仏閣が大好きです(*'▽'*)
f:id:shioribloom55:20190520103441j:image
宍道湖に浮かぶ唯一の島、嫁ヶ島に縁あって、初上陸、竹生島神社も初参拝してまいりました。

【矢切の渡し】は知っていましたが、

【矢田の渡し】知らなかったです(≧∇≦)b

宍道湖南岸から200mほど沖に浮かぶ全長150m、幅27mの小さな島です。

大きさからもお察しのとおり、無人島です。


f:id:shioribloom55:20190520103452j:image

1200万年前の火山活動により噴出した玄武岩でできたと伝えられています。

 

以下、由緒からの抜粋でございます。

竹生島神社(チクブジマ)由緒

松江市浜乃木町壱番地鎮座
御祭神:市杵島姫命 (イチキシマヒメ) 通称弁財天
創立:慶長十六年七月十七日
例大祭・水郷祭:七月十六日・十七日 現地で斉行(野代神社と二重氏子)

嫁ヶ島は、出雲風土記に蚊島と出ていますが、哀れな若妻にかかわる数々のロマンに溢れた物語もあり、いつしか人々は嫁ヶ島と呼ぶようになりました。

堀尾山代守吉晴公が、広瀬の富田城を廃止して松江に千鳥城を築き、嫁ヶ島に、宮島の主祭神である市杵島姫命を観請して、城下の安泰弥栄と湖中安全操業・豊漁の守護神としました。そして、当社の奉仕を当時の家来でありました村上家の祖先に申しつけられました。その後学問の神・音楽の祖として、また、安産・婦人病に霊験あらたかな神として、広く崇拝されております。

織田、豊臣、徳川と仕えた有名な戦国時代の大名の名前が出てくると、すこし前の大河ドラマで登場してましたので親しみを感じます。広瀬町の巌倉寺にお墓があるそうです。

市杵島姫命はスサノオ命の剣から生まれた女神で、スサノオ命の子としているそうです。宮島のイツクシマの語源となってます。


f:id:shioribloom55:20190520162230j:image

嫁が島側から見た感じです✨

 

スサノオ命の剣から生まれたイチキシマ姫という女神だからかしら、ピリリとした感じでした🎵あくまで私の感じ方です。

 

貴重な島初上陸、竹生島神社初参拝させていただきありがとうございました✨

 

 

 

 

20歳で結婚、出産ーーーそして今の私。

20歳で結婚、出産ーーーそして今の私。

 

高校生の私を知る同級生はたいてい驚く。

なぜなら、どんな女の子よりも結婚からはほど遠い「わたし」だったから。

 

自ら命を絶った父親の存在が嫌で。自分をなんとか変えたくて。もがいていた10代。

とにかくこの地を離れよう。離れたい。の一心で上京。

 

東京には子供のいない叔父叔母がいて。

その二人の養女になるという条件で学費を出してもらえるのなら、そんな有難いことはない。

 

私は二つ返事で軽く(後から後悔しますが)養女になる決断をした。

 

ところがところが。人生そんなに簡単に上手くいくものではなく。

 

叔父叔母は子供に何を望んでいたかというと、

5時に帰宅して犬の散歩、メモ書きされた通りの買い物、夕食後の家じゅうの床拭き掃除、お風呂で叔母の背中を洗い流す。

 

そのほかにも、叔父叔母の帰宅時には三つ指をついて「おかえりなさい」

をしてほしいとのことだった。

 

もともとわがままし放題、自由な人間だった私だが、自らをこの環境を選んだのだ。

やるしかない。母子家庭でもう、母や姉に迷惑をかけたくはない。

 

この思いでなんとか頑張った。

 

そんなある時仙台から母方のおばちゃんが叔父叔母の家に泊まることになった。

私はいつものように叔母の望んだルーティーンをひたすらこなしていた。

床拭き掃除後、畳を乾拭きしていたところに、おばちゃんが「えらいねえ。小間使いさんみたいによく頑張ってる。」と、1万円を握らせてくれた。

その言葉でなにかが切れる音がした。

 

毎日夜ごはんは腐った(納豆は発酵食品ですが、コレ発酵すすみすぎるとアンモニア臭がえらくひどく、きつくなるんですよ笑)冷凍してある納豆とお味噌汁。

 

対して、部屋飼いしていたプードルには最高級の人間が食べるお肉。

それでも、私はいいとずっとおもっていた。

 

それからというもの私は何度か外泊するようになっていて。

その外泊したときに限って、叔父が脳梗塞で倒れた。

叔父の入院中に「肝心な時にはいないんだね」と喧々囂々とせめられた。

 

「今までお世話になりました」

「こんなことなら大きな宝石でも買っとけばよかったわ」の捨て台詞をいただき。

その家をでてから就活を必死でしたものだ。

 

旅行会社の内定を3社もらえた。その直後妊娠がわかった。会社には3か月行ったが、

仕事のかわりはわたしでなくてもいくらでもいる。

 

このお腹の子のお母さんは私しかいないんだ。そう思ったら、迷いはなくなり、決断できた。親友には「よく考えて」と泣かれた。当時は授かり婚なんていい言葉ではなく、

できちゃった婚。しかもうまくいかない話ばかり。あの当時、親友よ。本当に心配かけたね、ごめんね。ありがとう。

 

幸い私の今の夫は非常に男気のあるいい男でしたので逆に私の人生を心配してくれた。「おまえは仕事を辞めていいのか」と。

 

私は彼の男気についていく。と簡単に決断できた。

 

あの人生の大きな決断をしてから早27年。

 

あの決断があったから、今この山陰の地に、そして今私の周りにいるみんなとの縁がある。

 

なにか決断しないといけない、と思ったことがあったら、私は必ず「大変!」な方を選択するようにしている。

周りからみたら全く信じられない選択だろうが、私がもっとも私らしく生きていくのにはじつに最良の選択なのだと最近強くそう思う。

 

自分で決断するのにあえて困難な方を選ぶと、他のだれにも体験できないドラマチックな人生がそこにはある。そしてこれからもわたしはそうやって一瞬の迷いと、潔い決断をしていくにちがいない。

 

#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

今を一所懸命生きていますか~


f:id:shioribloom55:20190517093753j:image

いつも読んでくださってありがとうございます。

夜遅く真っ暗になって帰り、朝は慌ただしく階段を駆け下りて仕事に行く毎日でした。

 

大好きなブルームーンが、今年は大輪をいくつもつけていたのに、一番の見時を逃してしまっていました><

心の余裕がない自分に気づきました。

 

健気に咲いてくれていたのに。気づかなくてごめんね。

 

それはそうと、5年もまえでしょうか。某ディスカウントストアで破格で販売されていたガーベラさん。

 

完全になげっぱなし。お水も肥料もたっぷりあげているわけではありません。なのに次から次へと花を咲かせてくれて本当にありがとう。

 

どんな環境であれ、一所懸命花を咲かせているガーベラさんに感銘を受けました。

 

ああ、わたしはこれでいい。これがいい

 

まわりがどう思おうが構わない。どう言われても構わない。

私は、私らしく、今を一所懸命に生きようと思います。




f:id:shioribloom55:20190517082239j:image


f:id:shioribloom55:20190517093833j:image






継続。100回の意味。

いつも読んでくださってありがとうございます❤

回る寿司やさんで、数々のお魚を目にし。

魚を捌いてないな~と感じ。

たまたまスーパーでカタクチイワシ発見!!

ヤマナカの魚みたいにびっかびかでなくていいんです笑

だって早くアンチョビ仕上がるから🎵

f:id:shioribloom55:20190509175640j:image

でもって、レジの子もびっくりするくらいまとめ買い✨

あ、ついでにヤマナカでもたのんどこ🎵

現場から離れてもう3年になるんだわ~

せっせと手開き✨✨

100尾手開きしたくらいから、無意識に手際よく出来るようになってきた。

ああ。

私はやっぱりなんでも100回やらないと上手く出来ないんだわ~

と。私はなんでも100回の時点で判断しています。100回すると、なんか色々わかることがあります。

苦手、不得意、いろんなおもいは交差しつつも、ひたすら続けます。

今までの経験で100という数字になると不思議なことに苦手、不得意という意識は消え、そこから「好き!」「なかなかどうして。面白い!」とかいう感情が生まれてきます。

 

本当に飽きっぽい私ですが継続できていることが現在3つ4つあります。

きっとそれは私が好きなことなんだろうなあと思います。

 

皆さんもなにかケイゾクされていることってありますか?

そしてまたそのケイゾクはどれくらい続いていますか?

きっとケイゾクされていることに関してはいつにまにか「好き!」や「これは自信アル!」などといった感情がおこっていることかとおもいます。

 

なんでもいいと思います。ケイゾク。⇒自己肯定のはじまりはじまり=うまくいくことが増えるってことだと思います♪

 

今回のわたしのケイゾクでわかったこと、沸き起こった感情は、あ~やっぱり魚大好きだわ❤❤❤ってことですね♪(´ε` )


f:id:shioribloom55:20190509180420j:image

丁寧に仕上げたところでお次はイワシの40%位の粗塩を交互に✨✨


f:id:shioribloom55:20190509180552j:image

この作業中は、半年後の仕上がったアンチョビちゃんを想像しながらワクワクで敷き詰めておりまして(//∇//)


f:id:shioribloom55:20190509180719j:image

あとはジップして冷蔵庫へ寝かせて半年後のお楽しみ🎵

冬のお魚の会の楽しみも増えましたし。

もう1ケースくらいカタクチイワシほしいなあとお願いしました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

うとうとして何度も書き直してしまい。。。

さいごまで読んでくださってありがとうございます^^

 

 

 

食べても大丈夫!


f:id:shioribloom55:20190508122855j:image

久しぶりのひとりくら寿司🍣

いや~

食べました食べました。

8皿!

とはいっても全部1貫の鰻と鯵🎵

味わって食べましたよ~

家から買って帰る鮮魚と比べてはいけない~

とおもいつつ。。。

 

最近捌いてないな~

包丁とぎしてないな~

とかおもいつつ🎵

 

食べるなら思いっきり味わって美味しくたべなくっちゃね。

 

これ食べたら太っちゃう、という考えより、これ食べて元気いっぱいになろう~

 

と思うようにしています。

単なる言い訳のような気もしますが笑。

 

結果、美味しくいただき、元気いっぱいになりましたよ~ありがとうございます❤

 

 

着物に似合うイヤリング♪

普段はほぼノーアクセサリーの私ですが

お母さま、お姉さまにお洋服とイヤリングを買っていただきました♪

なんていい日だ~~(単純)
f:id:shioribloom55:20190501224830j:image

着物にあうイヤリングをいろいろ買っていただきました♪

学生時代につぶしたピアスの穴もう一回あけてみる??

圧倒的にピアスの方が可愛いのが多いのに気づきました~~

 

いずれにせよ、ますます着物を着るのが楽しみになりました^^